最近、映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

Writer: admin Type: fidel Date: 2019-01-18 00:00
最近、映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観てQueenが大好きになった20代です。今まであ〜サビ聴いたことある〜ぐらいしかQueenを知らず、映画キッカケで沢山の楽曲を聴きました。こんなに歌詞や音楽が心に響くアーティストは初めてで心臓が鷲掴みにされたような…すごく衝撃的でした。私自身仕事で悩み、少し長めのお休みをいただいてます。何をしても、自分のダメなところばかり目がつき、そんな自分がより嫌いになってました。でもどんな状況でも自分を貫き、最期まで歌を歌い続けるフレディに沢山の勇気を貰えました。前向きに自分と向き合えて、今後やりたいことの目標も立てることができて、今とても楽しいです。私が産まれる前に亡くなってしまったことは本当に悲しいですが、今Queenをちゃんと知れて、出会えて幸せです。今まで知らない期間があったのが悔しいぐらいです(笑)Queenの歌詞はとても深いものが多いですよね。ぜひ、みなさんの好きな曲、その好きな歌詞教えてください!私は、THE SHOW MUST GO ONの歌詞全てが突き刺さります…共感した0###クイーンの曲には、その時の情勢は気持ちなどが含まれるものが多くあります。The March Of The Black Queenで、頂点に立つこと宣言し、We Are The championsでは本当に頂点に立ち、孤高の王者を演じます。そしてそれは後年のThe Show Must Go Onに通じてきます。アルバム“News of The World”では曲でメンバーが争いをしています。“伝説のチャンピオン”でフレディは、「ファンを置き去りにしてでも前に進むべきだ」と言い、“イッツレイト”でブライアンは、「いや、ファンは大切しよう。止まるべきだ」と反対の曲を作っています。この次の曲の“マイメランコリーブルース”でフレディは「止めるな!苦難の道に進むんだ(ファンに構うな)」と反対しているんです。エイズが発覚したあとに制作された“The Miracle”の最後の曲 “素晴らしきロックンロールライフ”では 「やり残したことはあるか?」「今までやってきたことに価値はあったのか?」と嘆いています。参考 クイーン全詩集というように、気持ち一つ一つに深い意味があります。背景を気にしながらもう一度聴くと、違った発見があるかもですね!他にもありますので、気になったら質問してください。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###Queen で1番長い曲はボヘミアンラプソディではなくてオペラ座の夜というアルバムに入っている The Prophet’s Song という曲で8分21秒あります。いい曲です。特に中間のアカペラみたいなところが好きです。https://youtu.be/HzdjMLKKdgkブライアンメイの作品です。オペラ座の夜は大好きなアルバムの1つです。ナイス0
###オレはspread your wingsかな。ベスト盤に入ってないのが不思議なくらい名曲だと思ってる。最後の長いギターソロが特に好き。ぜひ聴いてみて!ナイス0
###若い人のファンが増えるのは、昔からのファンとしてはとても嬉しいです!映画の内容は作られた部分もありますが、そんなのはあまり気にならなくて、感動的なストーリーに素直に感動しました。映画でも言っていましたが、メンバー全員才能があり、それぞれ素晴らしい曲を作っています。クィーンⅡのブラックサイドは有名ですが私はホワイトサイドもドラマチックで大好きです。とくにファザートゥーサン。ジョンの曲ではマイベストフレンド、ロジャーだったら世界へ捧ぐのさまよいがお薦めです。ナイス0
###こんばんは。『ボヘミアン・ラプソディ』は、現代社会が抱える問題や個人的な悩み事を痛切に感じられる人の方が感動するようですね。リアルクイーン世代としては、この大ムーブは心中複雑なものです。THE SHOW MUST GO ONは泣けます。何故、フレディはあのような病気になってしまったのか?80年代は偏見も多くて。フレディの苦悩を思うと心が張り裂けそうです。好きな曲はたくさんありますが映画のネタにあった『マイ・ベスト・フレンド(ジョン・ディーコン)』車の曲=『アイム・ラヴ・ウイズ・マイ・カー(ロジャー・テイラー)』ナイス0
###QueenⅡのサイドブラックは全てフレディの曲で占められていますが、これがクイーンの中で最も素晴らしいと思っています。人食い鬼の戦い から ライの七つの海へ までノンストップで駆け抜けるそのすごさ、若さ、エネルギーは素晴らしい。その中でもNevermoreのメロディーと歌詞の美しさ、はかなさは絶品です。ナイス0

 

TAG