冬の北欧旅行の靴についてくるぶしまである防

Writer: admin Type: fidel Date: 2019-01-25 00:00
冬の北欧旅行の靴についてくるぶしまである防寒用の靴を観光用に用意しましたが、少々重いです。ホテルでの夕食用に普通の靴を持っていくべきか迷っています。(ホテルのレストランは、ドレスコードはありません)。冬の北欧旅行に行かれた方、どんな靴を持っていかれたのか、使い勝手など体験談をお教えいtだければ幸いです。この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。###北欧のホテルは館内暖房が良く効いて暖かいので、重いブーツで疲れるなら、スーツケース内でベタッと潰しても平気なシューズを持って行ってはどうでしょうかオーロラ鑑賞ですか?オーロラは見ず、街歩きやフィヨルド観光なら、野外に長時間いる事はなくすぐバスに戻るでしょうから、日本の普段の真冬の装備で大丈夫ですしかしオーロラ鑑賞が連日あるなら、夜に長時間外にいるのですから、しっかりした防寒の用意が必要です私の場合、防寒というより防水でまず選び、それから、底が厚めで中が起毛のブーツを買いましたヨーカドーのノーブランドで安物ですから、重量も軽いです。冬の靴下の厚さを見込んで、0.5センチ大きいサイズにしました見た目が冬物のショートブーツなので、日本の冬でも普通に履いています荷物はほとんど機内持ち込みキャリーひとつで済ませて、ロスト防止に預けない主義なので、北欧オーロラ旅行では、ホテル内の食事も朝食もブーツで行きました冬の北欧オーロラ旅行では、フィンランドを除いてノルウェー・スウェーデン・デンマークへ行きましたこのブーツで他に、ボリビアのウユニ塩原、冬のモロッコ、クリスマスシーズンの中欧も行っています薄く水の張った塩原をザブザブ歩きましたし、冬のサハラ砂漠の日の出待ちはかなり冷えるのですが足のつま先は平気でしたし、砂も入りませんでした。雨の日のスーク歩きでは、泥でぬかるみ、巨大な水たまりがあっても平気でした。真冬の欧州内陸部の石畳の冷えも足に伝わらず、連日楽しくマーケット歩きを出来ました防寒を兼ねた長靴といった感じです水が染みなければ空気も入らないのですから、安くて軽い長靴に厚い靴下を合わせれば、防寒も十分なのです。最近は女性向けのお洒落な長靴も多いですちなみにオーロラ待ちの時、つま先や指先はしっかり防寒したので平気でしたが、油断していた膝の方が、冷気が広く当たるせいか冷えましたオーロラ待ちでは、つま先だけでなく膝も注意してくださいナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###雪道を歩く予定が無いのなら普通の靴で大丈夫ですが、ソウルが重要です。雪が無くても路面が凍りついていたりして、滑ると危険です。防寒・防水仕様のショートブーツがあるなら、普通のスニーカ一足くらい持って行くと良いと思います。ナイス0

 

TAG