1968年建築の中古マンションの購入を検討してお

Writer: admin Type: fidel Date: 2019-01-21 00:00
1968年建築の中古マンションの購入を検討しております。 RC造、1階部分が駐車場で、2階〜5階が住居となっています。 築50年超ということもあり、耐震面において致命的な欠陥であるのかを判断したく質問させていただきました。 耐震診断はしていないマンションとなります。 駐車場の部分にある梁(赤で丸をつけた部分)にぐるりと一周亀裂(黄色い丸をつけた部分)が入っていました。 表面だけのものなのか、致命的なものなのか、教えていただきたく思います。 3年前に大規模修繕が終わっているようです。 よろしくお願いします。###旧耐震で一階がピローなら手を出さない方が賢明です。耐震診断をしてしまうと重要事項説明書に記載しなければならないから、Is値が悪い事が明白なので実施していないと思います。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###耐震診断していないのなら、耐震補強もしていない、一階がガレージで壁が少ないとなると、必然的に倒壊リスクは高い。梁のクラックでは判断出来ないでしょう。ナイス0
###まず、旧耐震なので、おすすめはしないです。この写真ではわからないです。小さい方に白華現象が起きているようですので、貫通クラックがありそうですね。貫通クラックが挙動クラックでしたら要注意です。挙動クラックはX字や亀の甲羅になっていることが多いです。ナイス0
###ご気分は分かりますが、これだけの材料で「致命的」かどうかの判断は不可能です。せいぜい、ピロティ形式は好ましくないという程度の、ネット検索すれば誰でも出せる程度の回答しかできません。ナイス0
###①、良く維持管理はされていると診るが、安全は目視だけ判断は無理です。既存建物は耐震基準が昭和56年に大改正された以前の建物です。先ずは管理組合で耐震診断を構造設計一級建築士に診断を受けること。②、住宅紛争処理の技術的な基準で構造亀裂は、幅が0.5㎜を超えると瑕疵が大きいとするが、50年も経ると大小の亀裂はでて当然です。役所建物でも建築後50年で、建物の建替えを検討をするのが普通です。住宅設備機器や電気機器その他も交換の時期であり、安価な理由です。三年前の改修工事は、構造耐震診断をされて行われた証明を得ることでが、先ずは無理でしょう。気休めは厚い岩盤に直接基礎なことです。ナイス0
###関西にて住宅診断(ホームインスペクション)を手がける一級建築士の吉永です。この写真だけでは表面的か致命的かは判断できません。御心配なら管理組合を通じて調査してもらってはいかがでしょうか。「教えて! 住まいの先生」の専門家(外部サイト)

 

TAG