バレーボールのスパイクフォームについて。

Writer: admin Type: fidel Date: 2019-01-17 00:00
バレーボールのスパイクフォームについて。高校2年でバレーボールをしています。ポジションはレフトでフォームについて悩んでいます。この前動画を撮りフォームを確認したらとても汚かったです。右手を振り上げずに回してから打っている感じです。言葉で説明するのが難しいので意味がわからないと思いますが、簡単に言うと肘が下がっているということと同じだと思います。どうやったら改善できますか?意識して直そうとしても癖になってしまいやっているつもりでもできていなかったりします。アドバイスお願いします。また右手を最後まで振り上げるのと振り上げないのとでは打点は変わってきますか?共感した0###実際のプレーを見ていませんし、言葉だけでは何ともイメージがしにくいので、ボンヤリとした回答になってしまうのですが。。。肘が下がる原因は様々ですが、多いのは・筋力が弱い・力みすぎのどちらかであることが多いです。人間の腕は、力を入れようとしたときに肘を曲げた方が強い力が出せるので、強く打とうとすると肘が曲がるのは自然な動きです。まずは、リラックスした状態でジャンプしないで、正しいフォームをイメージしてスイングだけ繰り返しましょう。もし、自分で「バックスイングのトップ」「フォワードスイングのトップ」「ミートの瞬間」のイメージが出来ているのであれば、そこで止めて確認するのもいいです。ある程度イメージに近いスイングが出来てきたら、ジャンプなしでトスを打つ。それも出来たら初めて軽くジャンプして打つ。ジャンプをして打つという動作は、助走からジャンプのタイミングを合わせながら、位置も合わせながら正しいスイングを意識するという非常に難易度が高い動作です。意識するポイントがしっかり意識できるように、他の要素は少しずつ増やしていくようにしないとなかなか癖は治りません。そして、定期的に動画にとって確認することはいいことなのでぜひやってください。>右手を最後まで振り上げるのと振り上げないのとでは打点は変わってきますか?この質問の意味が分からないのですが、右利きならば右手一本で鉄棒にぶら下がって、左足のつま先が地面についているような、右手から左足が地面に垂直で真っすぐな一本の線になっているのが、最も高い打点で打てている状態です。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###フォームの修正はとても難しいし、時間もかかると思うので段階的に練習した方がいいかもしれません。最初は上手い人またはあなたがいいと思うスイングをイメージしながらボール無しで助走からスパイクスイングを繰り返し、鏡を見ながら練習する。ポイントはミートする位置が額の斜め上・前であること、ミートの時自分の最高打点である(ひじが伸びている)ことです。この2点を意識してスイングフォームを修正します。そして徐々にボールを使う練習を始めますが、壁打ちをジャンプ無しでやるといいと思います。最初は低めのトスを上げて手のひらを大きく開いて包み込むようにミートします。ミートした打球にドライブ回転がかかっていることを確認してください。また、スイングフォームもチェックする必要があります。ミートするためにひじが下がったり、打点が被ったり、スイングスピードが遅くなったりしていないかをチェックして、フルスイングでミートがほぼできるようになったら今度はトスを徐々に高くしていきます。2段トスのような高いトスにジャンプ無しであわせる事ができる(=ミートできる)ようになれば助走のタイミングも自然に分かるようになると思います。もちろん普通のスパイク練習を多く打つことでもタイミングは徐々にあってくると思います。とにかく上達は打った本数に比例しますので、考えながらたくさん練習してください。また、ジャンプ時の両手の使い方も大切です。前に進む勢いを上に向けるために両手を下から上に大きく振り上げる必要があること、あげた後は利き腕はスパイクスイング、もう一方は胸あたりにひきつけることで体の回転を抑えることなどを意識して繰り返し練習して欲しいです。スイングの修正が出来てきて時間が取れるなら、打ち込み練習もフォーム修正にはいいと思います。やり方は飛べなくなるまで100本でも200本でも連続で打ち続ける、ただそれだけです。目標の本数(コートインした本数)を決めてその本数が決まるまでひたすら打ちます。一人では限界がすぐに来てしまうので数人でやるといいと思います。ジャンプ力が落ちてきてからが練習です。ジャンプができなくてもコートインするためには打点を高くしようと腕を伸ばすことが必要になるので、自然にいいフォームに近づいていくと思います。レフト100本、センター100本、ライト100本くらい打ってみてください。本数は何本でもいいので限界まで打つことがポイントです。ココからはちなみにの話です。スパイクの打ち方には大きく分けて、上から鋭角に打ち落とす(コートにたたきつけるような)打ち方とスパイクサーブのような打球を比較的遠くまで飛ばして打つ打ち方の2つに分けられます。前者は速攻攻撃で速くコートに落としたい時やノーブロックの時に使いますが、後者はサーブの時やブロックアウトを狙う時、ネットからトスが離れた時やバックアタックに使う打ち方になります。スパイクの基本はミートとコントロールです。ミートは手のひらを大きく開いてボールを斜め上から包み込むようにボールに被せるように打つことで、打球にドライブ回転がかかることをいいます。上から落ちてくるボールをしっかりと自分の最高打点(ひじが下がったりしない)でほぼフルスイングでミートできることがまず必要です。そして鋭角・鈍角と打ち分けが出来ること、狙った所に打てることがポイントになりますので、段階的に練習するといいと思います。 鋭角は比較的誰でもすぐできるようになりますが、鈍角(打球の飛ぶ距離が長い)は的を壁に書いたり、コートにボールかごを置いたりして、そこを狙って打つ練習がいいと思います。ミートするときに少しボールの真横からミートする感じと、下に振り落とさず前に飛ばす感じで練習するといいかもです。ナイス0

 

TAG