転職の場合の住民税はどうなりますか?

Writer: admin Type: fidel Date: 2019-02-13 00:00
転職の場合の住民税はどうなりますか?2018年1月から12月までの所得分は残高を普通徴収の一括で払う場合、今年の1月7日入社の転職先が特別徴収なのですが6月からの徴収(2018年度分)は既に自分で払っているので徴収や手続きはないですよね?転職先の事務にこの事を説明してもあまりわかっていないのか話があまり通じていません。転職先では年末調整もしてもらっていない(そもそも年明け入社で給与が発生してないので出来ない)のに急に住民税の事を言われて驚いています。とりあえず源泉徴収票をと言われましたが、正直あまり理解していない感じなのでゴチャゴチャやられるのが面倒です。2重で取られることはないと思いますが。。。また転職先での2020年6月からの特別徴収の場合にどういった切り替え手続きが必要でいつ頃に行うのですか?補足質問がわかりにくかったので捕捉します。2019年6月から2020年5月までに払う分(2018年度の所得に応じて)を自身で支払った場合は会社で2019年6月から特別徴収は発生せず、現在普通徴収に切り替わっている為2019年6月に納付書(2018年分)が届き自身で納めると思うのですがその認識であってますか?2019年12月末に年末調整を現会社で行い、現会社から特別徴収されるのは2020年6月(2019年1月~12月の所得分)からということですよね?共感した0###2018年度分は、今年の5月分まで徴収される予定でした。既に市から普通徴収の切り替え通知書が来ていれば、それを支払って終了です。2019年度分については、前の会社が給与支払報告書(源泉徴収票と同内容)を提出すると思いますが、退社により普通徴収扱いになると思いますので「異動届」を現在の会社から市に提出する事が必要です。それにより、前の会社が提出した情報により新しい会社で2019年度分の住民税が6月以降徴収されるのです。ナイス0
###補足について会社には特別徴収する義務がありますので、あなたの2019年度分の住民税は普通徴収にはなりません。担当者が異動届を出せば、特別徴収になりますよ。
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###2018年の収入に対する住民税 は 2019年6月からの課税となります。2018年の6月から 2019年の5月まで課税されている住民税は 2017年の収入に対するものです。2018年5月までの住民税の支払い分(2017年の収入に対するもの)をお支払いになっても 2018年の収入に対する住民税の課税が 2019年6月よりはじまります。 会社で特別徴収(お給料から天引き)されない場合は 納付書により支払うことになります。転職先での2020年6月からの特別徴収の場合にどういった切り替え手続きが必要でいつ頃に行うのですか? >2019年の年末調整を現職場で受けられた場合は 2020年6月からの住民税は自動的に特別徴収(お給料からの天引き)となります。ナイス0
###2018年分の所得に対する税は、2019年 6月に 役所より普通徴収で、請求されます。4枚の納付書がありますが、一気に払うことも可能です。その場合、給与から 2019年度の徴収はありません。2019年 年末調整をその会社で行い。会社から 役所へ 給与支払報告書がだされると2020年度は、特別徴収になります。会社が提出する給与支払報告書で、この人を特別徴収します と書いてだすんです。ナイス0

 

TAG