友人の運転中の話です。車線変更してくる車を

Writer: admin Type: fidel Date: 2019-02-09 00:00
友人の運転中の話です。車線変更してくる車をしつこく妨害しました。片道三車線の道で、友人が真ん中車線、他人の車が右車線を走っていました。右車線はあと100mぐらいで高速に乗るための道になるので、右車線を走っている車はウインカーを出して、真ん中の車線に入ってこようとしました。しかし、真ん中の車線は友達の車がいます。お互い並んでいたので、右車線の車はスピードを上げました。友人もスピードを上げました。右車線の車は今度はスピードを下げました。友人もスピードを下げました。ずっと並んだ状態です。また相手はスピードを上げたのですが、友人もスピードを上げたところ、相手は諦めて高速に乗って行きました。友人は勝ち誇ったように大はしゃぎ。見てて不快だったので、友人にそういう事はやめなよと言ったのですが、友人は真ん中の車線だったので優先権があり、相手の運転技術がないから相手は車線変更できなかったと言っています。この場合、車線変更してくる相手が悪いのでしょうか?たしかに友人に優先権があるので、相手の車線変更で事故したら相手が悪そうですが。共感した0###そのご友人の人間性に大きな問題があるように感じます。普通の人ならその状況なら入れてあげます。友達を辞めるほうがあなたのためになると思います。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###スピード上げてる時点で嫌がらせ。優先なんて関係ない。その人がそういう本質というだけだよ。ナイス0
###<右車線の車はスピードを上げました。友人もスピードを上げました。>此れが問題でしょう。そう言う車線変更を仕様としている車の車線変更を妨害(速度を上げて)すること自体に問題が有りますよ。事故ったら友達の車の過失が大きく成りますよ。ナイス0
###法的な回答でしたら、hap…さんが一番正確ですな。他の人が言っている「法に触れる」とか「通報される」というのは、あり得ません。日本の法治の中の「罪刑法定主義の原則」に反しますので。この場合、左折ではないので「道路交通法 第26条の2 第2項」が適用され、ご友人の走行を他レーンのクルマが妨害することこそが違反になります。また、無意味に一番右レーンをずっと走行することは「同法 第20条 第1項」に反します。もしオレが右レーンのクルマの立場なら、停止するほどに減速します。そしてご質問の答え。ここで事故が起きた場合、右レーンのクルマが悪い側になります。ここまでが法的な話。…とは言え、やはりご友人の行為は人としてどうかとは思います。いかに優先権があろうが、「交通は譲り合い」で成り立っていると思います。大渋滞の本線にわき道から自分が出たいときに譲ってもらえれば、違う場面でわき道側のクルマに譲ってあげたりもします。道路外の施設へ行くための右折のときもそう。「優先権はあるものの、持ちつ持たれつの関係」こそが現代交通を成り立たせています。「譲り合いって大事だ」と是非ともご友人に教えてあげてください。ナイス0
###人としてどうかと思いますが特に問題ない行為です。34条6項は適応されません一番右の車線は右折もしくは追い越しのための車線。一番右から左折などあり得ません。無意味に右車線を走り続ける人が自業自得と言うだけの話でございます。ナイス0
###勝ったところで何もありませんし、知り合いでもない人でしょ。だから、何も意味が無い。事故でも起こしたら自業自得。周りに迷惑かけたら、弁償するように言ってください。車は遊び道具ではありません。ヘタクソでも事故を起こしたことの無い人ほど、自分を上手だと持ち上げる。やたら運転歴が長い人ほど、ベテランだからと考えを変えることは無い。周りが気をつけてるだけということを思い知るべきなんですけどね。ちなみに、進路妨害は、道交法第34条第6項に違反しています。道路交通法第三十四条6 左折又は右折しようとする車両が、前各項の規定により、それぞれ道路の左側端、中央又は右側端に寄ろうとして手又は方向指示器による合図をした場合においては、その後方にある車両は、その速度又は方向を急に変更しなければならないこととなる場合を除き、当該合図をした車両の進路の変更を妨げてはならない。ナイス0

 

TAG