洋上風力発電は原発と代わりに成りうるでしょ

Writer: admin Type: fidel Date: 2019-02-06 00:00
洋上風力発電は原発と代わりに成りうるでしょうか?東電が銚子沖で計画しているニュースを見ましたが、安全対策でコストが爆上げした原発と比べて遜色ないコストで出来るのではないかと思いました。再生可能エネルギーなので国民が負担する電気料金は上がりそうですけどね。共感した0###コストがどれだけよくても,原発ほどたくさんの量を発電しないのが問題ですね。洋上風力は課題が多いですが,長所も多いので今後に期待しています。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###再生可能エネルギーは20年後にFITが外れて、燃料代がゼロで発電してくれ、安くなるから一時的に高くなるのは我慢するというのが前提の話なのに、原発推進派は一時的な高さだけ宣伝するから注意が必要です。また再生可能エネルギーは火力とセットで行うものであり、どの道原子力だけで火力を排除することもできませんので、火力がどうのという議論に惑わされないことも大切です。風力発電は太陽光と違って、燃料代がゼロで夜間も発電できるところが長所であって、それを言わずしてベースロード電源ではないから価値がないみたいな議論に惑わされないことも大切です。ナイス0
###遜色無いコストで、平均したら、原発の10分の1の発電量ですよ。その差を埋める為には火力発電の建設が必要です。ナイス0
###十分代わりになります。東電が銚子沖に作ったのは『実験用』レベルのものです。東電は洋上風力で100万KW~200万KWの発電を計画しています。 洋上風力では100メートル以上の高さの風を予定しています。100メートル以上の高さの海上ではかなり安定した風が吹いているそうです。 陸上の風力春電の2倍近い稼働率が期待できるそうです。 すでにヨーロッパでは『風力発電』がFITを外れているそうです。まもなく日本でもそうなるでしょう。一時的には『賦課金』が付きますが、やがて消えます。 原発には『税金投入』が行われています。それを賦課金減額に回せばよいのです。電気代を高くしているのは『実は原発』なのです。 原発の再稼働に向けての『補修、補強』などですでに4.5兆円がつかわれ、さらにここ数年でさらに数兆円つぎ込まれます。それが『電気代』に上乗せされているのです。ナイス0
###>洋上風力発電は原発と代わりに成りうるでしょうか?不可能です。風力や太陽光は自然を相手にしているので極めて不安定ですから、ベースロード電源にはなりません。風力は風頼りで風が吹かない時は発電しない。>再生可能エネルギーなので国民が負担する電気料金は上がりそうですけどね原発交付金をやめて、賦課金の分に回せば、負担は小さくなるんですがね。http://area-info.jpn.org/PowerGrant.htmlナイス0

 

TAG