医師の外勤について質問です。

Writer: admin Type: fidel Date: 2019-02-03 00:00
医師の外勤について質問です。医師はよく雇われている病院以外に外勤といって、アルバイトしに行く事が許されていますが、看護師、薬剤師、医療事務等、他の医療スタッフには許されないのは何故でしょうか?契約書を読みましたが、兼業禁止の記載はありません。しかし、総務に問うとダメと言われるそうです。契約書に書いていない、兼業禁止にどの程度の強制力がありますか?薬剤師の友達が、正職員辞めたくないけど、奨学金の返済が辛いと困ってるみたいなんです。お手数ですが、ご回答よろしくお願いします。(できれば法的根拠を持って)共感した0###雇用形態が違います。看護師や薬剤師等の場合、会社が違っても、同一の日に、8時間以上の勤務をする場合、時間外の給料を加算しなければなりません。逆もしかりで、休日に他で夜勤をして、次の日に正規の場所で勤務しようとすると、正規の場所は、夜勤の加算と、残業の加算の両方をプラスした給料を支払わなければならなくなります。ですから、兼業禁止とはなっていないからと言っても、今勤務している所に迷惑をかける事になります。だからと言って、給料を元のままでいいからと言う訳には行きませんし、何かインシデントを起こしたとき、単純にインシデントを起こした病院だけの問題だけではなくなるので、一般的には医師以外の医療職で兼業は出来ません。ちなみに、医師の場合、病院からの指示、卒業した大学からの依頼等で、自分の意思でない場合がほとんどです。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###法的にと言いますが、就業規則に禁止されていて、それに納得して契約していたら、問答無用でダメですよ!!!確か、服務規程違反ですよね?〇〇条 副業の禁止と謳っていれば、ダメですほら 言わんこっちゃない 看護師 薬剤師は 原則任務が重いですが、能無しでも出来て 給与低いの知ってて医療事務員する奴は、頭弱いです!!看護師 薬剤師は 転職は引く手数多です転職勧めますが!国立 公立病院は 医師でも年収800万円行かない人もいるので、そこは、覚悟して下さい!ナイス0
###外勤という言い方かどうかは分かりませんが、正社員である会社の了承は必要だと思いますが、別の職種でもあると思います。実務的に厳しい職種もあると思いますが、「看護師」は夜勤を別の医療機関へアルバイトとして勤務している人はいます。「放射線科技師」の当直勤務として、別の医療機関へ来ています。「医事課(医療事務)職員」や「薬剤師」は業務上で、別にアルバイトは難しい事もありますが、管理職となれば中にはクリニック等のアドバイザーのアルバイトをしている人もいます。会社によって違いはあると思いますが、無い訳ではないと思います。ナイス0
###>医師はよく雇われている病院以外に外勤といって、アルバイトしに行く事が許されています外勤は特殊な例であり、多くは大学医局や病院の上層部からの命令で行くのであり、自分だけの希望で外勤に行く事は禁止されている。なぜならon callに備える必要があるからであり、外勤の間、他の医師がその義務に応じる必要がでてくる。よって他の医師の協力が必須であり、自分だけの希望でアルバイトに行くなんてありえない。逆に医師以外のon call義務がない職種なら、原則として副業を禁止する事はない。が、薬剤師であれば副業として薬剤師として働くなら同業他社への勤務になる。一般に同業他社の場合は競合関係にある事が多く、競合関係のある他社での勤務は裁判で副業が不適切とされた判例がある。したがって、副業は基本的にいいが、競合関係にないようなところへの就職が望ましく、薬剤師としてではなく一般人としての就職が望ましい。ナイス0

 

TAG