月日は百代の過客であり、行かう年もまた旅人

Writer: admin Type: fidel Date: 2019-01-18 00:00
月日は百代の過客であり、行かう年もまた旅人なんだということを、旅行しながら思ったことがありますか。また、旅している最中に死ねたらとか。むかしの人も多く旅の途上で死んだと聞きます。共感した0###是がまあ つひの栖か雪五尺、ですね。ただし詠者の一茶は、ふるさとに帰り着いてこのように詠んだと言います。旅に病んで 夢は枯野を かけ廻る (芭蕉)、というのもあります。ナイス0
###心境を想像しています。
###しみじみとした気分になりました。ありがとうございました。###楽しい旅行の途中で、ポックリ天国に行けたら、幸せですね。私の知り合いに、旅先の旅館で天国に行った人がいます。でも、残された家族は 大変ですよ。遠方へ迎えに行って、警察に行って、霊柩車で連れて帰らなければなりません。とても高額の出費になります。ナイス0

 

TAG